一番身近な海の幸わかめについて知ろう!

普段よく皆様が食べているわかめ。
皆様は、わかめについてどれくらいご存じですか?

わかめの旬は3〜5月

日本全国で一年中食されているわかめですが、わかめの一番美味しい時期とされているのは、適度に肉厚があり、そして適度な弾力のある成熟前の状態の「3〜5月の春頃」です。この頃のわかめは風味・食感共に抜群!
インスタント食品に入っている、まるで紙のようなぺらぺらのわかめしか食べたことのない方がこの時期の三陸わかめを食べたら、わかめってこんな食べ物だったのかと驚くこと間違いなし!

ご存じですか?わかめパワー

わかめには、アルギン酸などの食物繊維、ビタミンやミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、鉄)がバランスよく含まれており、余分なコレステロールを体外に排出したり、血圧上昇を抑えたりするなどの効果があります。

【わかめと野菜の栄養素比較】

(100gあたり)食物繊維ビタミンAビタミンKカルシウムマグネシウムリン
わかめ(塩抜き)3.02501004219310.5
キャベツ(生)1.850784314270.3
玉ねぎ(さらし)1.50-187200.2
きゅうり(生)1.1330342615360.3

五訂食品標準成分表より抜粋

可能性は無限大・ヘルシー食品

調理例

そしてさらに低カロリー食品。食べ方も、汁物、サラダ、炒め物、そして揚げ物など、料理の種類や調理の仕方を選びません。なので、毎日毎食色々な料理に入れて食べることができます。
あなたのアイデア次第で、わかめの新たな楽しみ方が発見されるかも…?!
(写真:「わかめのかき揚げ」)

このページの先頭へ▲

三陸わかめはわかめの王様

国内わかめの県別収穫量割合

そんなわかめですが、その中でも三陸わかめは格別。
わかめは、北海道の北部の一部を除いて、日本全国で生産されています。その中でも有名なわかめの産地には、宮城・岩手・徳島・兵庫などがありますが、宮城・岩手の三陸産だけで全国の収穫量の7割近くを占めています。しかも、収穫量が多いだけではなく、味についてもお墨付き。市場で取引されている価格は、三陸産は一番高いのです。
それだけ品質が高く、多くの人に愛され、支持されているという証拠ですね。

なぜ三陸わかめはわかめの王様なのか?

三陸わかめが育つ三陸沿岸は、リアス式の海岸が深く切り立っていて潮の流れが良いこと。また、親潮と黒潮が交わる海の栄養と、沿岸の森林からの森の栄養などが流れ込むこと。それら、わかめが育つ好条件がそろう漁場なのです。だから三陸わかめは切れこみが深くて、肉厚で弾力があり、風味豊かで美味しいわかめの王様なのです。

三陸わかめの特徴

三陸わかめの特徴

■葉体
普段皆様がよく食べる、葉っぱにあたる部分です。
三陸産は切れこみが深く、肉厚で弾力があり、歯ざわりがとても良いのが特徴です。ときに、わかめの表面に白い毛のようなものが見えることもありますが、これは「毛(もう)そう」ち呼ばれるわかめの葉体の一部ですので、気にせずお召し上がり下さい。

■中芯(茎)
わかめの真ん中を通っている茎にあたる部分です。シャキシャキとした歯ごたえがあるので、刻んでサラダや炒め物に最適な部位です。

■めかぶ
わかめの胞子葉であり食物繊維やミネラルがぎっしり詰まった宝箱です。最近、発ガン防止に役立つフコイダンが多く含まれているとして注目されています。
湯通しして刻み、醤油をたらし、炊きたてのあつあつご飯の上にかけて食べると最高です。

このページの先頭へ▲

会社情報

〒988-0571
宮城県気仙沼市唐桑町鮪立243-6
TEL 0226-32-2935
FAX 0226-32-2452

FAX注文用紙はこちら

PDFファイルをご覧になるには、Adobe(アドビ)より無償配布されているソフトウェア
「Adobe Reader(アドビ リーダー)」
が必要です。
「Adobe Reader」 がインストールされていない場合は、ダウンロードしてご使用のパソコンにインストールしてください。